銀歯から白い歯へ|品川区 戸越銀座商店街 N歯科

2014年4月から第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番・5番目の歯)が、さらに2017年12月から第一大臼歯(6番目の歯)が、CAD/CAM装置使用に限り、保険で白い歯を入れられるようになりました。

 

保険で白い歯が入れられます。
当院では、コンピューター制御によって歯の修復物を設計・製作出来るセレックを導入しています。


材料は、セラミックの美しさとレジンの衝撃吸収性を合わせ持つ「ハイブリッドレジン」です。

 

CAD/CAM冠の作り方

① 歯の型取りをします


通常と同じように歯型をとり、模型を作ります。一度型を取るとデータが残るので、また同じ物を型取りせずに作成できます。


② セレックで設計します


①で作成した模型をコンピューターに取り込み、3Dで作りたいかぶせ物のデータを製作・修正します。
患者さんごとのオーダーメイドの白い歯を作ることが可能です。


③ ブロックを切削していきます


設計したデータを基に、高精度のミリングマシンでセラミックブロックを削り出し、歯の形が出来上がります。


④ 白い歯の完成です


最後は、ドクター自らの手作業で微調整し、研磨して磨いて完成です。

 

CAD/CAM冠の費用

今までハイブリッドセラミックで白い歯を入れると、一歯約35,000円~かかっていましたが、お口の状態にもよりますが、保険で(3割負担の方の場合)一歯約6,000円ほどで白いかぶせ物にすることができます。

 

自費の白い歯もセレックで作ることが可能

CAD/CAM冠で 保険がきくのは、4番・5番目の歯ですが、他の場所の自費の白い歯も作ることができます。

セレックシステムで白い歯を作成した場合、

詰め物(インレー)は、25,000円(税別)
かぶせ物は、40,000円(税別)

で入れることができます。

このページのトップへ